ギアテクノロジー|回転動力、リニア直線動力、動力伝達、動力制御


ホーム >> マキシンコーの技術 >> ギアテクノロジー

ギアテクノロジー

ギアと歩んだ創業70年の歴史--研ぎ澄まされる独自のギアテクノロジー。

動力を安全・自在に操るために―。
半世紀の歴史で培われたマキシンコーのギアテクノロジーは、独自に構築された強固な 組織力・仕組みにより研ぎ澄まされてきました。その組織の中で、明確な事業目標に対し、マキシンコーのスタッフひとりひとりの知識、スキル、経験、情熱が有機的に凝縮され、時代のニーズに即応する安心のソリューション機器が次々に生み出されています。

ギアテクノロジー技術の設計・開発
ギアテクノロジー

次世代型へ進化を続けるマキシンコーの代表的機器

ウォーム減速機
ウォーム減速機
ウォーム減速機は、マキシンコーのロングセラー製品です。 独自のギア技術を絶妙に組み合わせ、従前からのウオーム減速機の伝達効率を10%以上アップさせた新シリーズを立ち上げるなど、低騒音、特定ニーズに合わせた特殊潤滑油やギア材質の共同開発も含め、顧客様ニーズに応える次世代型を次々に開発しています。
ジャッキ
ジャッキ
ウォーム減速機で培った技術を継承し、顧客様の要求に応じられるよう全ストローク別に取り揃えています。スクリューシャフトにはセルフロック機能を持つ台形ねじと保持力はないバックラッシの小さいボールねじがあり、用途によって選択できます。スラスト荷重に耐えられる円錐コロ軸受を採用し、理想的な軸受け構造となっています。
デファレンシャルギヤ
デファレンシャルギヤ
速度や位置などの機械的なタイミングや同調を無段階に制御できる動的位相調整ギア装置です。減速比の大きいウォームギアを使用しているため、微小な調整が可能で、無段階に位相を調節できます。位相調整軸のベベルギアには炭素鋼を採用しているためギヤの摩耗が少なく長寿命です。
ベベルギヤ
ベベルギヤ
入力軸と出力軸の方向が直交したギヤボックスの動力分岐装置です。スパイラルベベルギヤとストレートベベルギヤの2種類があります。入念に検討された設計と優れた加工精度のギヤを精密に取り付けており、低騒音で円滑な高速回転が得られます。コンパクト、軽量で大きな容量が得られます。軸は炭素鋼または特殊鋼を使用し、曲げ強度に耐えられるよう設計されています。

マキシンコーのギア技術を集約した同心軸式減速機

遊星減速機
遊星減速機
長年の経験と最新の技術力をもって作り出した遊星減速機です。それぞれのギヤのかみ合わせ精度を向上させたことにより、静かで、動力、スピード、位置制御を高精度に行うことができます。複数の遊星ギヤが動力を多分岐して伝達するため、コンパクトで高トルクが得られます。従前より適用フィールドを拡大することができる高剛性を特徴とする同心軸式減速機です。

収納ソリューションを実現する複合装置製品

縦型回転式自動棚(ロータリーストッカー)
縦型回転式自動棚(ロータリーストッカー)
機械部品や備品収納に活躍する収納棚で、コンピュータとの連動によって入出庫管理や在庫管理などFA化を実現します。収納棚を回転させてものの出し入れを行うため省スペースで、また防爆仕様、冷蔵仕様など特殊な仕様にも応じます。ギア技術の応用により、重過重な収納時でもスムーズに動作します。
縦型高さ可変型自動棚(シャトル)
縦型高さ可変型自動棚(シャトル)
ギア技術と制御技術によって生まれた縦型自動棚です。収納高さを自動的に検出し、デッドスペースのない高密度な収納ができます。また、一トレイあたりの最大荷重や収納棚高さなど設置場所、目的に応じてフレキシブルに対応し、顧客様の省スペース化に貢献します。

「生産・品質管理体制」ページへ

ページトップ