ホーム >> 製品情報 >> シャトル(縦型自動収納棚)

シャトル(縦型自動収納棚)

僅かな平面スペースで、高さの異なる収納物を集中管理する縦型自動棚シャトル

収納高さ自動検出による高密度収納、高速ピッキングと集中管理が可能で、金型や冶工具の集中管理、製品や部品の集中管理などに適用可能です。

シャトル

シャトル(縦型自動収納棚)

4通りの取出し方式

マキシンコーシャトルは、取出し口が1ヵ所のタイプを標準設定しています。両面取出し、1・2階取出し、両面1・2階取出しなど各種の取出し方式に対応できます。

4通りの取出し方式

特長

偏荷重の制限無し

トレイごとに独立した棚(シェルフ)に収納するため、偏荷重に制限されません。

高さの違う収納物の混載が可能

収納高さを自動的に検出し、収納高さにあわせたフレキシブルなスペースに自動収納します。

高密度収納

収納スペースをフレキシブルに利用し、デッドスペースをなくした高密度収納を行います。

高荷重設計

一トレイあたりの最大積載荷重は130~500Kgです。(500Kg以上もご相談ください)
一台当たりの最大収納荷重は60,000Kgまで可能です。

機械高さが豊富

設置場所の天井高さに合わせて機械高さが選定できます。 天井高さ-20mm 2550mm~9550mm 100mm間隔 (10m以上もご相談ください)

フレキシブルなレイアウト設計

機械の設置も単体から複数へと自在にモジュール化できます。
機械間の隙間ゼロ

豊富なトレイサイズ

トレイ 幅 :1250・1450・1650・1850・2050・2150・2450・2850・3050mm
奥行:610・813・864mm

安全設計

<取出し口センサ>
取出し口に手や物を入れると機械の運転を停止します。

<セーフティシャッター>
作業スペースと搬送エリアを分離し、事故・騒音を防止します。

<ハイトセンサ>
あらかじめ設定した高さ以上の収納物を検出した場合、収納を停止します。
機械内に必要な収納スペースを設定できない場合、収納を停止します。


資料請求・お問い合わせ
CADデータダウンロード


ページトップ